備中地方の風土

蔵のある備中地域(岡山県中西部)の高梁市成羽町(たかはししなりわちょう)は小高い山々が連なる吉備高原の山あいにあります。 町の真中を県下三大河川の高梁川の支流、成羽川がゆったりと流れ、周囲を山々に取り囲まれた山紫水明の風土を持っています。 又、300年の伝統を誇る花火や、無形文化財の備中神楽(びっちゅうかぐら)、地質学的に有名な動植物化石、 べんがら(赤色の顔料)で栄えた旧い町並みなど多くの史跡、文化が息づいており歴史と伝統が色濃く残る町となっています。 酒造りの季節になると雲海が降り始めます。

岡山県高梁市の位置

酒造りについて

大典白菊をつくるお米について
岡山県は気候風土に恵まれ、品質の良い米が安定して収穫されます。 全国の90%以上の生産量と高品質を誇る特産の酒造好適米「雄町」をはじめ、県産の「山田錦」、又、 食用だけでなく酒造用にも優れた「朝日米」を吟味して使用しています。その他、酒米へのこだわりとして幻の 酒米「造酒錦(みきにしき)」や、酒銘と同じ名前の「白菊」を復活させて酒造りに用いています。
高梁川の支流成羽川は上流部に壮大な石灰岩大地が広がっています。この大地から湧き出る豊富で清冽な伏流水は酒造りに 必要なミネラル分をバランスよく含み、この水を自社井戸で汲み上げ仕込みをはじめ蔵水として使用しています。
大典白菊をつくる水について
大典白菊をつくる杜氏の技について
成羽町は伝統ある岡山の杜氏集団「備中杜氏」のふるさとの一つ。当蔵は今も続く成羽杜氏の技で醸し続けています。

蔵のあゆみ

蔵のあゆみのタイムライン
蔵の創業
明治19年(西暦1886年)備中国川上郡成羽村にて渡辺廣太郎により創業。「白菊」を醸造しておりました。 言い伝えでは創業以前より町内の別の場所で既に酒造りをしていたらしいとの事です。 残念ながら当時の記録がほとんど残っていないため史実を確認することが出来ませんがしかしながら、 その頃の成羽は高瀬舟の往来と近隣の物資の集積地として大いに賑わっており、町内には当蔵を含め三軒の造り 酒屋があったそうで集まって来る人々の喉を潤していたのでしょう。時代を経て昭和3年、銘柄に「大典」を付し「大典白菊」としました。
蔵の移転
昭和25年に渡辺酒造本店へ改組しております。その後昭和46年までは明治蔵、恵比寿蔵と呼んでいた2つの蔵で酒造りを続けておりましたが、 翌47年に集中豪雨によって成羽町全体が水没するという未曾有の大洪水が発生した為、明治、恵比寿の両蔵が水没。使用不能となってしまったのです。 そこで新しい蔵を興し、いち早く酒造を再開する為に同町内の現在地(日名地区)に移転が決定され、早くも翌昭和48年には設備の整った新蔵が完成しました。 同時に企業合同をすすめ、成羽大関酒造株式会社に改組し新たな出発を果たしました。
成羽大関酒造から白菊酒造へ
創業120年を経た平成19年4月より社名を「白菊酒造株式会社」に改めました。明治の創業から昭和48年の蔵移転を経て、 幾多の山坂を越えてまいりましたが岡山、備中の地酒「大典白菊」の日本酒造りにさらに磨きをかけ、皆様により美味しいお酒をお届けしていきたいと思っております。 伝統ある備中杜氏の技の伝承による手造りの良さを大切にし、かつ最新の設備、機器等の導入も積極的に行い。 新旧の酒造技術の融和した理想的な酒造りを目指してまいります。

大典白菊について

大典白菊のイメージ

酒銘の白菊は日本酒が最も円熟する秋、日本を代表する花「白菊」にちなんで命名しました。「大典」は昭和天皇ご大典の年、全国品評会で優等賞を頂いた記念として冠しました。

岡山県は瀬戸内の穏やかな気候により古くから稲作が行われ瀬戸の海の幸、吉備高原の山の幸に恵まれた好条件が、人が住み暮らせる快適な場所として栄えてきました。 この気候風土に育まれた土地の酒は口当たりが柔らかく、お米の旨味や甘味がしっかりとした「うま口」と言われるお酒が好まれてきました。 当蔵のお酒はこの地の酒として伝統的な「うま口」の味わいを大切にしながら、バランスが良く、キレの良さを持ったお酒です。 また、岡山特産の酒米を中心に、自社で復活させた独自の酒米、無農薬の酒米など米にこだわり、清冽で豊かな仕込み水、そして伝統の備中杜氏の技といった、 酒造りに恵まれた岡山の良さを大切に醸しております。